誰もが憧れる6つに割れたボコボコの腹筋ですが、
夏が近くになると急に筋トレをしだす男性がいますよね(笑)

気持ちはよく分かります。
そこで今回は腹筋の効果を3倍にする方法をご紹介します。

まず、腹筋を鍛える場合は殆どの人は腹直筋しか鍛えません。
腹直筋とはお腹の正面の筋肉です。

たしかに腹直筋も大事ですが、実はお腹の周りにある
腹横筋と言う筋肉もしっかり鍛えると腹筋の効果が3倍になると言われています。

ではどうやって腹横筋を鍛えるのかと言うと、
それは呼吸を意識する事で自然と腹横筋が鍛えられます。

実は筋トレ中の呼吸は非常に大事で、
呼吸を意識しているのとしていないのでは効果に大きな違いが現れます。
それくらい呼吸は大事です。

具体的な呼吸方法ですが、一般的なシットアップの場合、
上体を起こす時に息を吐き、上体を戻す時に息を吸います。

もう少し言うと、筋肉が縮みながら力を発揮する事をコンセントリック収縮と言いますが、
エキセントリック収縮の時は息を吐きます。

対して、筋肉が引き伸ばされながら力を発揮する事をエキセントリック収縮と言います。
エキセントリック収縮の時は息を吸います。

これをシットアップに当てはめると起き上がる時がコンセントリック収縮で、
寝転ぶ時がエキセントリック収縮になります。

普段のトレーニングから呼吸も意識して見て下さい。