薄毛対策はフィナステリドとミノキシジルタブレットを個人輸入代行で入手して、自己責任の元で服用していくのが一番コストが安くて効果があります。

フィナステリドという薬は、AGAの人に効果があり髪の毛を抜けにくくします。ミノキシジルタブレットは髪の毛を生えさせる薬です。この二つの薬で相乗効果を生み出し薄毛を治療できます。

個人輸入代行を利用すればフィナステリドは月2000円程度、ミノキシジルタブレットは月1000円程度かかります。AGAのクリニックに通院すれば月25,000円かかるのでコストは大分安く抑えられます。ただし自己責任の上で服薬しなければならないので、もし副作用がが出て何か身体に変化があっても誰も責任は取れません。それが嫌なら高いお金を支払ってAGAのクリニックに通院するしかありません。

巷に出回っているスカルプケアシャンプーは基本的に頭皮の環境を整えるものであって、髪の毛を抜けにくくしたり発毛を促進するためのものでは無いので注意が必要です。それらを使用すれば髪の毛が生えてきて、髪の毛があった状態に元通りになることはほぼ無いと思います。

薄毛に関しては生活環境はあまり関係なく、遺伝でハゲ家系かそうでないかが重要です。もしハゲが生活環境によるものなら風呂に入らない民族の人やホームレスの人達は全員ハゲていることになりますが必ずしもそうでは無いからです。家族にハゲているひとがいるなら将来ハゲる可能性があるので、薬を飲んだりAGAのクリニックに行って無料相談を受けてみましょう。

もしそういった費用面でも副作用面も心配な方は、まずは市販の育毛剤を試されるといいでしょう。医薬部外品の育毛剤でも最近は優秀なものが多いです。育毛サプリもセットになっているものもあるので、内側からもケアできて継続すればそれなりの実感効果は見込めるでしょう。

人気どころでいうとチャップアップやイクオス、ブブカなどがおすすめです。比較サイトなどで細かく比較されているので、そういったものを参考にしながら自分に合う育毛剤を選ぶといいでしょう。(チャップアップ イクオス 比較